未分類

クマの隠し方 原因 メイク方法

メイクをしているとき気になるクマ。
クマがあるだけで気分も女子力もダウンする感じになりますよね。
実際クマがあると疲れてみえる、透明感がなくなる、ふけてみえるなど、
かわいくなりたい女子には深刻な問題。

今回は女子の大敵クマの取り方、隠し方などについて詳しく解決していきますね。

クマのできる原因

クマのできる原因は疲労、たるみ、色素沈着などいくつか原因があり、
クマの見え方でとり方、隠し方といったか解決法が変わってきます。
自分のクマがどのタイプのクマなのが見ていきましょう。

 

青クマ

・疲労・寝不足・体温低下

青クマは、皮膚の下の筋肉が透けて見えることが原因です。
冷えや目の疲れなど血流が悪くなると暗くみえてしまいます。
また季節によっても発生することもあり、気温の低い季節などは青クマができす特徴があります。

 

茶クマ

・色紙沈着・摩擦

茶クマは、メラニンの生成による色素沈着が原因です。目のまわりの皮膚はとても敏感でメイクでの刺激、無意識で目をかいてしまう、花粉やアレルギーからのこすりなど、摩擦からくる色素の定着が原因のひとつとされます。

 

黒クマ

・むくみ・たるみ・弾力の低下

黒クマの原因とされているのが
弾力の低下やたるみなどです。
紫外線・皮膚のたるみなどで筋力の低下しハリが低下すると、目の下に影ができ黒く曇って見えるようになります。
これが黒クマの原因といわれています。

 

赤クマ

・眼球疲労

赤クマも青クマと同じく皮膚の下の筋肉が透けて見えることでおこります。
スマホ・パソコンからくる眼球疲労が原因とされています。

 

解決策

クマができる原因をタイプ別で見ていったところで
解決策をみていきましょう。

 

コントロールカラーで解決

コントロールカラーとは、色を打ち消したり、お肌の悩みを緩和してくれる補正クリームです。
色の持つ特徴を利用して自然にクマを目立たせなくしてくれます。
またあからじめコントロールカラーでお肌の色を整えることによってファンデーションの発色が
良くなり顔色をよく見せることもできます。

 

青クマに効果のあるコントロールカラー

青クマを打ち消すコントロールカラーは、ピンクとオレンジです。

肌の色の濃い子やクマの濃い子はオレンジ系がおすすめ。
お肌が白くて、クマがあまり目立たない子はピンク系を使えば自然な仕上がりになります。

茶クマ効果のあるコントロールカラー

茶クマにあうコントロールカラーはイエローとピンクです。
色素沈着が濃い子にはイエロー系をつ部分的に使うことによって肌になじみます。
ピンクはクマが目立たない子におすすめです。ピンクは全体使いもできるの血色感を出すこともできます。

黒クマ効果のあるコントロールカラー

黒クマには明るめのパール系、ホワイト系を使うのが効果的です。暗い色を緩和できナチュラルな仕上がりに。

赤クマ効果のあるコントロールカラー

赤クマに最も効果のあるコントロールカラーはグリーンです。
赤色の反対色のグリーンを使うことによって赤色が打ち消されます。
しかしすべての赤色(血色)も打ち消されてしまうので部分使いがおすすめです。
軽度のクマはイエローを使うとなじみなよくなります。

 

コンシーラーで解決

 

クマといえばコンシーラーと思うほどコンシーラーはカバー力があります。
いつもよりクマが濃い、コントロールカラーではもの足りないという子はコンシーラーがおすすめ。
しかし、いろ選びを間違えると、よけいクマが目立ってしまうので、注意が必要です。

 

青クマ

・オレンジ
・血色感を出したいとき ピンク

青クマに効果的なコンシーラーの色はオレンジ系
オレンジ系は健康的で活発に見えるので青クマにはおすすめ。
また血色感出せるピンク系も綺麗に見えます。

 

黒クマ

・明るめのベージュ

黒クマをコントロールカラーやコンシーラー打ち消すことは難しいので、
明るめのベージュやパールが入っているコンシーラーを使い
トーンを合わせるのがポイント。

パール系、ホワイト系のコントロールカラーを使うと効果がアップします。

 

茶クマ

・イエロー

色素沈着が原因でおこる茶クマは
イエロー系のコンシーラーを使うと自然な
ベースメイクを作ることができます。
クマが濃い子はイエローやピンクのコントロールカラーを下地に使うのもおすすめ。

 

赤クマ

・目立たない イエロー
・グリーン

疲労などが原因でできる赤クマにはグリーンのコンシーラーがおすすめ。
注意したいのが、グリーンはもともと体にない色なので、広い範囲に塗ることやクマ以外の範囲に塗ると血色が消え不自然に見えることがあります。

 

色別、クマのケア方法

青クマのケア方法

青クマは目の疲れや血流が悪くなるとことが原因で暗く見えるので、
スキンケアのとき、たっぷりクリームをつけた指で目のまわりを優しくマッサージしてあげましょう。
時間のあるときは、のんびり湯船につかりながら目のまわりを軽く指圧すると血行が促され効果アップします。
このとき皮膚を滑らすようにマッサージくをしてしまうと、皮膚にストレスがかかり逆効果になすので注意しましょう。

 

黒クマのケア方法

黒クマは筋力の低下やハリの低下が原因とされているので、目のまわりの筋肉を鍛えることを意識しましょう。
まずは、5秒間、ぎゅーっとつむり、
5秒間ちからいっぱい目を開ける、これを数回繰り返すことによって目のまわりの筋力アップにつながります。

 

茶クマのケア方法

茶クマは色素沈着や摩擦などが原因とされているので、日々の生活で目のまわりにストレスをかけないことがポイント。

クレンジングをするときはたっぷりのオイルやクリームを使ってストレスをかけないようにクレンジングをしましょう。
スキンケアも一緒で摩擦はNG。ストレスのかからない量でケアしましょう。

メイクの拭き取りシートの「拭き取る」という作業が負担になってしまうので茶クマが気になる子は、オイルやクリームタイプを使いましょう。

 

赤クマのケア方法

赤クマはスマホ・パソコンからくる眼球疲労が原因なので、
眼球疲労のケア、疲労を蓄積させないことが大事になります。しっかり目を休ませましょう
赤クマは、ホットアイマスクやレンジで温めたホットタオルと目のうえにおくと眼球の疲れがとれ赤クマへの効果が期待できます。
しっかり目を休ませることをこころがけましょう。

-未分類

© 2021 Girls Day Powered by AFFINGER5