未分類

コンシーラー

コンシーラーの目的

コンシーラーとは クマがひどい、くすみがきになる、にきびあと、赤くなってるとこ、小鼻の横、などファンデーションでは隠しきれないお肌の悩みを解決してくれます。またお肌のトーンを均一にするなど綺麗にベースを仕上げるためかかせないアイテム。

どのようなときに使うか

茶クマ、青くクマ、黒クマ。くすみんでお肌がくらくなってる。
にきびあと、赤くなってるとこ。小鼻の横の毛穴が目立つところなど使い方はさまざま。用途に合わせた使い方があります。

 

コンシーラーの種類

リキッド  コンシーラーのなかでもさらっとしており簡単につかえます。

スティック リキッドより硬くカバー力ばあります。
また接着面が広いので直接のせるときは広い範囲をカバーできます。

パレット  手または筆で気になるところにのせます。直接のせるので
カラーコントロール、用途に合ったカラーを作れるので細か調節ができます。

カラー選択

クマ    黒クマーオレンジ色のコンシーラー

青クマ   ベージュ系のコンシーラー

茶クマ   イエロー系のコンシーラー
にきび   緑のコンシーラー
特に色白の女の子、肌トラブルが起こると赤くなるから気お付けて。
緑色は赤を打ち消色なので、緑が強すぎると血色までなくなる可能性が。
使うときにピンポイントではみ出さないこと。

しみ    自分の肌の色より少しくらめをチョイス。

毛穴    自分の肌よりすこしくらめ。

 

重要!温度に気を付ける

すぐとける

コンシーラーを付けるとき気をつけないといないのが温度。
お肌が火照ってたり、自分の体温が高いときはすぐに溶けてしまいます。
化粧水で温度のコントロールをしたり、手でのせるときは筆を使うなど工夫をしましょう。

スピードが大事

コンシーラーはチョコレート。種類によってはすぐに溶けてしまうものがあります。
体温、時期、エアコン 室温、時間などによってすぐに変化してしまうので気をつける。

できるだけ最後に

コンシーラーは、付けてから、どんどんよれていくのもです。
お肌のトラブルで一番カバーしたいところを最後にするとよれずカバー力のある状態で次に進めます。

粘土 定着

粘土が固いとカバー力はあるけと、なじみずらい。
粘土が柔らかいとカバー力が弱いけどなじむ。
粘土が固い場合スキンケアカバーしたい箇所をしっかり保湿する手の温度で少しとかしてから付けるなと工夫すると綺麗にしあがるよ。

季節にも注意。外温 体温

夏と冬、室温、気温、湿気がちがけれは、コンシーラーの定着のかわるから季節に、硬いのもさらっとしているものなどの使い分けも必要。

化粧水で体温調節

伸びが良くない方はスキンケアでのうるおいが足りてない

ピンポイントで乗せるのであれは筆

体温関係なく簡単に載せれる

コンシーラーはカバー力はしっかりあるけど、すぐ溶ける。重ねつけしたいけど上手にできない。
などっを解決してくれるのが筆です。狙ったとこにポイントでのせられて指の温度は気にしなく
のせれる。のせたあとは指で押さえて定着させましょう。

 

筆はリップ筆でおけ

筆でコンシーラーを塗ると1時間後にはかさかさになります。
また裸で筆をメイクポーチにいれると確実にコスメが汚れるます。そんな時汚れず持ち運びができるのが
キャップつきのリップブラシ。コスメポーチに入れても汚れず乾燥も防いでくれるのでおすすめ。

筆のあとは指で

筆でコンシーラーをつけたあとは必ず指で押さえることにしましょう。
指の体温と軽いプレス圧力でしっかり吸着するよ。

コンシーラーの流れ

化粧水、乳液、スキンケアファンをつけたあと、指、筆でコンシーラーをのせます。
色と体温に気をつけながら丁寧にのせましょう。

おさらい

コンシーラーは色味と温度が重要。お肌を綺麗に見せるための大事に丁寧にのせましょう。

-未分類

© 2021 Girls Day Powered by AFFINGER5