未分類

リキッドファンデーションの使い方、ブラシ編

綺麗にファンデーションをつけたい。自然な立体感を作りたい。
ファンデーションブラシを正しく使うことができれば輝きのある美肌に仕上げることができます。
ブラシを使ったことのない人や、使い方がわからない人まで、ファンデーションブラシの魅力をわかりやすく解説していきます!

ブラシの魅力

ファンデーションの付け方には色々ありますがその中でも綺麗で輝きのあるツヤ肌に仕上げてくれるのがブラシです。
ブラシの繊細な毛先が毛穴まで入り込み少ない量で綺麗な面を作ることができます。

ブラシの選び方

ファンデーションブラシには色々なメーカーから様々なサイズのものが出ていますが、
ブラシを選ぶ時には小さめで肌あたりがいいものを選びましょう。
大きめのブラシを選ぶと大量のファンデーションを含んでしまい使い切れず無駄になってしまいます。
また大きめのブラシは使う部分と使わない部分が出てきてしまい、それが汚れまたは割れの原因になってしまいます。
小回りの利く小さめのブラシを使用しましょう。リキッド

 

重要!ファンデーションを使う前にベースをきれいに

はじめにベースを整えるだけでファンデーションの使用量を少なくでき
厚塗り防止になり自然な素肌を作ることができます。
またベース作りをきれいにすることにより肌トーンもアップしますよ。
スキンケア後、日焼け止めを全体に塗り、下地クリーム、コントロールカラーなどで肌色を均一にして
トラブルをカバーしておきましょう。

ブラシでのファンデーションの使い方

1 お肌にファンデーションを点で同じ量を置く
2 目の下三角ゾーンを丁寧に塗る
3 残りでフェイスラインに伸ばす
4 おでこに伸ばす
5 ノーズライン
6 目まわり、口まわりに伸ばす

1 まずはファンデーションを左右対称になるようにお肌に点で置きます。
目の下三角ゾーンには多めに、ベースラインは少なめに
と顔の中心が濃く外側は薄くなるようにはじめに量を調節しましょう。
目の下三角ゾーンは4箇所、フェイスラインは2箇所など、数を決めておくと
仕上がりの村を防ぐことができ自然な濃淡を表現することができます。

2 ファンデーションをお肌に点で置いたら、一番大切な目の下三角ゾーンを綺麗にして行きます。
の下三角ゾーンは毛穴やシミなどが目立ち目に入るとこなので、
ここをきれいにするだけで光がきれいに反射してツヤ肌に見せることができます。
力かげんは肌が動かない程度の中心から外側へかけて優しく伸ばしていきましょう。
毛穴はまっすぐではなく少し下を向いているので、
毛穴の開きが気になる子は一定方向ではなく下から上にブラシを滑らすように塗りましょう。
目の下三角ゾーンをきれいにするだけで全体が綺麗に見えますよ。

3 目の下三角ゾーンを塗り終えたら、頬骨から顎にかけてもフェイスラインをフェードアウトするように伸ばしていきましょう。
仕上がりに濃淡を持たせるためにフェイスラインは極力薄めに伸ばしていきます。
フェイスラインにニキビなどの肌トラブルがある場合はコントロールカラーなどで予めカバーアップしときましょう。

4 おでこは中心から放射線状につけるように塗ると自然な濃淡ができ、まるみのある綺麗な仕上がりになります。
生えぎわはブラシに残っているファンデーションでさらっと軽く伸ばすようにフェードアウトしましょう。

5 鼻は眉間から縦に全体に伸ばしたあと、鼻の頭を中心に左右にくるくるするように塗り広げます。
そうすることにより鼻の毛穴までファンデーションが入り凹凸が目立たない仕上がりに。
小鼻の溝が塗りにくい時は反対の指で鼻の溝を伸ばし塗りましょう。最後に鏡を覗き込むように鼻柱をチェック。

6 目まわり、口まわりはよく動かす部分なので基本的に軽めで OK 。口元は少量を薄く延ばす程度で。
ファンデーションは水分が多いので目まわりにのせすぎるとヨレの原因になってしまうこともあるので、
ブラシの残っているファンデーションで軽く伸ばすぐらいで大丈夫です。
目元の色ムラやクマを隠したい時は水分が少ないコンシーラーを上手に使いカバーしていきましょう。

ポイント1
肌トラブルは無理にカバーしなくても大丈夫丸売りにカバーすると厚ぼったくなり不自然な仕上がりになるので
この後のコンシーラーでカバーするようにしましょう。

ポイント2
全体に塗った後最後に軽くファンデーションをブラシまたはスポンジに取り目の下三角ゾーンに軽く重ね付けすると美しさがアップします。

ブラシーーーふんわり輝き、ツヤ肌

指ーーーーーしっとり、一体感、定着

スポンジーー密着、水分油分バランス

 

ファンデーションの量を簡単にみると

1 目の下三角ゾーン      多い
2 おでこ鼻まわり        ↑
3 口まわり           ↓
4 フェイスライン、目まわり  少ない

 

フィンガープレス、スポンジを使って定着を高めよう

・優しくフィンガープレス
毛穴が起きやすい子は、目の下三角ゾーンやおでこなど優しくプレスをすると体温で密着が高まります。
また皮膚が薄い目まわりなどもフィンガープレスすることにより、
ファンデーションやより定着しアイシャドウののりが良くなります。

・スポンジで密着
ブラシでファンデーションを後に
スポンジを使うことにより余分な油分な水分を吸着してくれヨレやメイク崩れを防ぐことができます。
またブラシでできた筋ムラを取ることができるため、なめらかな仕上がりにすることができます。
使い方は、余分な油分や水分を吸着したい時は軽く抑えるようにプレス。
ブラシでできた筋ムラを取りたい時は、軽く触れるくらいの優しいタッチですべらせましょう。

コンシーラーを使ってカバー

コンシーラーはファンデーションで隠しきれなかったシミやニキビ跡クマなどをカバーします。
同じ色のコンシーラーを使い上手にカバーしていきましょう。
肌トラブルがあるところにポイント使いしたら軽く叩くようにのせまわりをぼかして終了です。

フェイスパウダーでフィニッシュ

ファンデーションやコンシーラーをのせたら最後はフェイスパウダーでフィニッシュしましょう。
フェイスパウダーを使うことによって素肌とファンデーションは定着し一体感が生まれます。
また余分な油分水分をパウダーが吸着してくれるのでメイク持ちがとても良くなりますよ。
フェイスパウダーはファンデーション崩れやテカリ防止にもなるので綺麗な状態をキープすることができます。

 

-未分類

© 2021 Girls Day Powered by AFFINGER5