未分類

化粧水の付け方

化粧水の意味

スキンケアの一番はじめにする大事なケア。洗顔をして汚れがなくなった綺麗なお肌に水分補給をしましょう。洗顔で崩れたPHを弱酸性に戻すこうかもあります。お肌にたっぷり水分とうるおいが入ることによってキメ細かいお肌になりこれからかわいくなるためのいろいろなコスメのパフォーマンスを高めてくれます。顔が冷たかったら、温めれる。火照ってたらクールダウンできる。なと使い方でベストなお肌にできます。そのほかにも皮脂のコントロールをしてトラブルの少ないお肌にできたり、かわいくなるためには絶対手の抜けないケアです。丁寧な水分補給でキメの細かいぷっくりお肌にしようね。

手とコットン手

手だと自分の体温でしっかり浸透してくれます。手だと触っているので手のひらだとお肌の状態がわかります。摩擦が少ないことによってお肌を傷てけることがありません。

 

コットン

コットンをつかうとお肌全体にムラな付けることがでます。体温が高いとき、火照ってるときなど化粧水をたっぷり含んだこっとんでクールダウンできます。毛穴を引き締め化粧持ちのいいキメの細かいお肌に。またしっかり保湿したい方は水分量のコントロールもできるので重点的にケアしたい方はおすすめ。

手、コットンの使い方

洗顔後500円玉くらいの化粧水を手にとり、ほほ、額にのせてやさしく伸ばします。目、ノーズライン、小鼻、ほうれい線、口などにも丁寧にムラなく伸ばします。目のまわりはデリケートなのでとくに優しく塗りましょう。このあとのアイメイクをかわいくするためにも目のまわりは際まで綺麗に塗ってね。まぶたは睫まで、目の下を塗るときは目線を上にしながら塗ると綺麗にぬれるよ。全体を綺麗に塗れたら。頬からこめかみ。あごから耳下。ほうれい線からこめかみ。にやさしくなじませましょう。化粧水がてに残ってるときは、首元になじませましょう。最後は両手で包み込むように大事にハンドプレス。

コットン

中指にたっぷり染み込むように化粧水をつけたらほほ、おでこ、口元にまじませていくよ。化粧水が足りなくなったら足しながらまぶた、目の下、ノーズライン小鼻を押さえていくよ。全体にしっかり塗れたら、頬からこめかみ。あごから耳下。ほうれい線からこめかみ。に力をいれず滑らせます。特に乾燥する部位は化粧水を少し足して重ねつけしてもいいよ。

パッッティング

目的

手、コットンで、たたく、なじませることによって、おくまで浸透させる、くすみがとれる。体温調節ができる。クールダウンができる。毛穴がしまる。リフトアップなどの効果があります。

使い方

中指にしっかり染み込むように化粧水をつけたら、ほほ、額、口まわりなど、力をいれず優しくタップ。年齢によって毛穴の角度がちがうので年齢にあった使い方をしてね。

集中ケア

しっかり化粧水を含んだコットンでパッティングしたあと、コットンを3枚に割き両頬、額にのせて時間をおく。コットンの水分が足りないときは化粧水を補給してから時間をおきましょう。
これで時間のない朝、乾燥の時期(デートの前)など重点的に保湿しましょう。

化粧水のまとめ

タオルをおいて、手を綺麗洗います。手に化粧水のせて丁寧に顔全体を包みます。目元、花、口元も丁寧にのせたら。顔ぜんたいを大事にハンドプレス。お肌の温度か高かったり、重点的に保湿したいときはパッティング。

おさらい かわいくなるためのステップなので丁寧に大事にかわいがってお肌の機嫌も自分の気持ちも高めていきましょう。

-未分類

© 2021 Girls Day Powered by AFFINGER5