未分類

正しいアイシャドウの入れ方 基本編

みなさんは正しいアイシャドウの入れ方を知っていますか?
なんとなくアイシャドウを入れている。アイメイクがしっくりこない。そういえば誰からも教わっていない!
などと思ってる子も多いのではないでしょうか。
今回は正しいアイメイクの基本について解説していきますね!

アイメイクの基本 アイホールとは?

アイホールとは
目頭から目尻にかけて半円状に囲んだ上まぶたのこと。
眼球と骨の間のくぼみに沿ったあたり。眼球を囲む目のくぼみラインから内側。
高さは眼球の上半分の大きさで骨のくぼみラインから内側のこと。

アイシャドウの基本となる色

アイシャドウを入れる上での基本的な色の構成は、
1 明るい色(ハイライト)
2 中間色(ブラウン)
3 締め色(濃いブラウンまたは黒)
の三色を使って作ります。
アイホールは明るめ、二重ラインは中間色、締め色は暗めの色を使うことで
目元に自然な立体感が生まれ基本的な綺麗なアイメイクを作ることができます。

綺麗にアイシャドウを入れるための道具

ブラシ

アイシャドウをのせる上で最もオーソドックスで最も使われるのがブラシです。
大きめのブラシはふわっと柔らかい発色を作ることができ、
小さめのブラシは固くしっかりとした発色を作ることができます。
大きめのブラシはアイホール、小さめのブラシは二重ラインまたは”ふち”に使います。
ブラシははじめに置いたところが一番濃く発色するので
境目やキワからではなく真ん中からつけると自然な濃淡になるでしょう。

チップ

チップはしっかりと色をつけたいときや強く発色させたいときに使用します。二重ラインや締め色に使います。

アイシャドウの色の使い方

アイシャドウを使う上で基本となる色はオークル系、ブラウン系です。
もともとオークルは日本人が持っている色で、ブラウン系は赤が含まれているので肌とのバランスがいいと言われています。
ナチュラルに仕上げたい時は薄めのブラウンで。
はっきりと見せたいときは濃いめのブラウンをチョイスするなど基本色での
濃淡をつけるだけで綺麗に仕上げることができます。
またピンクやブルー、グリーンなど発色のいい色を使いたい時は、
締め色をブラウン系にするとバランスが良くなります。
色を入れて何かボヤッとしている…。締まりが良くない…というお悩みがなくなります。
もう一つ気をつけておきたいことがチークやリップなどのバランスをとることです。アイシャドウリップチークなど全てにしっかり色を入れてしまうと全体の主張が強すぎて大変なことに…。
アイシャドウに発色のいい色を使うときは、チークやリップの色を薄めにするなどのバランスを取ることをしてみましょう。

ポイント!
アイシャドウは複数の色を重ね付けすると色が濁ってしまいます。 できるだけ単色を使いましょう。

 

アイシャドウの入れ方

1 アイホールを明るめの色
2 二重ラインに中間色
3 目のふちは締め色

1 綺麗なメイクを作るためにはじめに作るのはアイホールの明るめの色です。
アイホールはクリアで肌なじみを良くしたいので、明るめの色をはじめにのせましょう。
眉の下のベースメイクとの境目をなくすために、ホールの境目からではなく中心から上へぼかすようにのせていきます。

2 アイホールを綺麗にのせれたらつぎは二重ラインにのせていきます。
アイシャドウの濃さと入れる幅でイメージが変わるので自分のお好みの範囲で入れてOKです。
二重ラインもアイホールと同じく境目をぼかすと綺麗なグラデーションになりナチュラルにも仕上げることができます。

3 最後に目のふちを締め色でのせていきます。
ブラウンは柔らかいイメージ、ブラックはクールでしっかりしたイメージに。
アイラインを少しずつ太くするイメージでのせると失敗はないでしょう。
たペンシルやクレヨンを使った後もパウダーアイシャドウ使用することでヨレを少なくすることもできますよ。

最後に、でき立てのアイホールのなじみがあまりよくない時は
作ったアイホールを指で軽くなでると定着が高まり、また指の温度でツヤも出すことができます。
でき立てのアイメイクは粉っぽかったりするので、少しがなでることで自然に見せることができます。

アイシャドウの直し方

ランチの後や休憩中、仕事帰りなどアイシャドウの崩れって気になりますよね。
アイシャドウのメイク直しは、
綿棒、水または乳液を使って直していきます。
涙でつねに湿っている目元は、どうしてもアイシャドウ崩れが出てしまいます。
アイシャドウアイライナーなどでにじむパンダヨレ。
もう一つ、アイシャドウ崩れで気になるのは
油分や汗、まばたきの動きなのでできてしまう二重ラインのヨレ。
このようなヨレの直し方は、まず綿棒を使って軽くプレスをしながら丁寧に回すように拭き取っていきましょう。
それでも残ってしまうようなヨレは、水または乳液を綿棒に含ませ拭き取りましょう。
綺麗になってたらもう一度アイシャドウを重ねて終了です。
アイシャドウを直している時にファンデーションなどのベースメイクなども一緒に拭き取ってしまった場合は
筆をパウダーファンデーションに含ませベースメイクの補正をしましょう。

-未分類

© 2021 Girls Day Powered by AFFINGER5