未分類

毛穴を目立たせなくする方法

女子はいつでも綺麗な素肌でいたい。綺麗な毛穴でいたいのも。

しかし、自分のお肌に自信が持てない。近くで見られると恥ずかしいなどお肌の悩みってありますよね。

この記事ではそんな毛穴の悩みや、毛穴を小さくする方法などのお悩みを解決いたします。

しっかり毛穴のケアをして素肌美人になりましょう。

毛穴の開く原因

毛穴は真皮から伸びる体毛を包む毛包管が肌の表面で開いたもので、皮脂を分泌させる皮脂腺が必ず付随しています。

顔は毛穴の数が特に多く
毛包管や皮脂腺も大きいため、毛穴の開きが目立ちます。

なぜ毛穴が開いてしまうのと、適切なケアを説明していきます。

皮脂の過剰分泌

肌が乾燥したり、紫外線を浴びたりと外部からの刺激を受けると、
皮脂腺が活発になり皮脂が過剰に分泌します。

また体温の変化や空気の乾燥、ターンオーバーの乱れ、不規則な食生活
なども重なって皮脂が増えることも。

皮脂の過剰分泌が起こると、毛穴が押し広げられて、毛穴が目立つ状態になります。

 

たるみによる開き毛穴

年齢、紫外線、筋力の低下などが原因で毛穴に締りがなくなると、毛穴がタテに伸びて目立つようになります。

またセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの肌のハリを保つ成分がすると肌がたるみ毛穴が開く原因に。
たるみ原因での毛穴の開きは、しずくのような形になります。

指で肌表面を持ち上げると、毛穴が目立たなくなるのが特徴。

 

肌タイプと部位

皮脂には菌、ウイルスなどの外部の刺激から肌を守る役割と
肌表面を皮脂が覆うことで水分の蒸発を防いでくれる役割があります。

しかし、皮脂が過剰分泌されると毛穴が開くだけではなくテカリ、べたつきの原因に。
肌タイプと部位で、原因を解説していきます。

乾燥肌

肌の乾燥が続くと、角質層が厚くなり、肌表面が硬くなっていきます。

水分が足りてない肌は余計に皮脂を出し補おうとするため、
インナードライ肌になっているかも。

皮脂の分泌量は少なく角質の水分保持力も少ないのが特徴。

脂性肌

オイリー肌の特徴は、皮脂の分泌量も水分量も多いのが特徴。
皮脂の分泌が過剰で皮脂腺が大きくなっているため、毛穴の開きが、目立ちます。
オイリー肌の場合、角質ケアと十分な保湿が大切です。肌の状態を良くすることで皮脂の分泌量をコントロールすることにつながります。

敏感肌

敏感肌の特徴は
角質層の厚みがなく、水分保持機能の低下などがあります。
外部からの刺激が弱く、肌を皮脂から守ろうとするために皮脂の分泌がが多くなっていることがあります。
また、食生活やストレス、季節などの変化によりホルモンバランスが乱れると肌が敏感になり毛穴が目立つことも。

ほほ、額、眉間、鼻の皮脂分泌の特徴

 

ほほ

ほほのケアなの開きはコラーゲンやエラスチンの減少。年齢による筋力の低下。
UV-A(紫外線A)などによるハリと弾力が低下すると毛穴が目立ちます。
UV-Aは肌の奥まで届く波長なため、弾力を奪われコラーゲンの生成機能をこわします。
弾力とハリがなくなると、肌の締りがなくなり、たるみ毛穴の原因に。

 

鼻は特に皮脂が多く溜まってしまうところ。
また、古くなった角質と皮脂が混ざって角栓になることもあります。
毎日のクレンジングで毛穴を清潔にするのは基本になります。
日中にテカリが気になったら、ティッシュオフなどで油分のコントロールも必要。

眉間

毛穴の開きが連なってしわに入り込むことも。
重点的なケアをして皮脂を抑えることも必要です。

額も皮脂の分泌が多く、面積も広いため、毛穴の開きが気になったり、テカリが気になってしまうところ。
額も鼻と同じくこまめなケアが必要。

 

-未分類

© 2021 Girls Day Powered by AFFINGER5